2009年12月27日

愛別離苦:そらくん


ここ多分もう訪れる人もおるまい……と思っております。お久しぶりとかではきかない位のあおです。
お引越しを検討したりもしたんですが……。会う度に言ってくれる友達の皆、アリガトウ。マジで感謝しています。

嫌なタイトル通り。ここに書かずにいられなくなったのは愛鳥の死です。とても元気なインコが、おかしくなってから半日で死に至りました。
出来るだけの手を尽くしましたが、その遺骸を前に家族全員茫然としました。
親は私と鳥の名前を間違えるほど可愛がっていて。「ももたろうさん」を語り、歌い。「そらくんそらくん!」とおしゃべりする、私も雛から育て五年以上の月日を生きてくれた最愛の小鳥でした。
涙が止まりません。今もです。
昨日まで元気だった。リビングで家事をしていると空耳で気配や鳴き声が今も聞こえます。そこに横たわっているのは今は命のない身体なのに、何かの拍子に動いた様に見えます。
明日、庭に埋めるつもりです。
父が棺を作ってくれました。
いつも「そらくん、ぱっちんだよ〜」と電気を消していくリビングに今日は明りをともし、「そらくん、今日はぱっちんしなくていいよ。おやすみ」と少しいつもと変えた挨拶をしました。
電気を消され、皆がいなくなるのがいつも不満そうな子だったので。
今日は、ずっと明るい光の中に居させてあげたかった。

……それでも、小鳥です。
小鳥の死でこんなに悲嘆にくれていたら、もっと大きな悲しみを味わっている筈の世の中の人たちはどうなるんだ。

自分が情けなく、にぎやかなのが大好きだった小鳥の前で泣きながら、謝り続けています。

小鳥に。皆に。
涙が止まらない弱い自分をごめんなさいと。
posted by あお at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。